森永乳業プレスリリース

「ビフィズス菌トレCROSS TALK 20‐21年結果報告」 6月30日(水)15時公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 森永乳業は、2020年6月に開始した「ビフィズス菌トレ」プロジェクトを通じて、トップアスリートである長友佑都選手の腸内フローラ改善のサポートを行ってきました。長友選手が1年間、「ビフィズス菌トレ」を継続された結果として、長友選手の腸内フローラが変化し、おなかの調子だけでなくコンディションにも表れた影響を、熱のこもった言葉で語っていただきました。
6月30日(水)より、「ビフィズス菌トレ」ウェブサイトや森永乳業公式YouTubeチャンネルで、「ビフィズス菌トレCROSS TALK 20‐21年結果報告」を公開します。ぜひ、ご覧ください。

「ビフィズス菌トレ」WEBサイト:https://www.morinagamilk.co.jp/learn_enjoy/b-kin-training/
長友佑都Twitter       :https://twitter.com/YutoNagatomo5 
長友佑都Instagram       :https://instagram.com/yutonagatomo55?igshid=1evbjt6vrbrm7

1.「ビフィズス菌トレ CROSS TALK 20-21年 結果報告」概要
  2020年7月のオフ期間にビフィズス菌摂取を開始した長友選手。その後、フランスリーグへの移籍、慣れない生活環境において一時期はコンディションが良くない状態でした。「ビフィズス菌トレ」を継続した結果、長友選手のおなかの調子が徐々に安定しました。腸内フローラ解析の結果でもフランス移動直後は不安定な腸内菌叢だったものが、良いバランスの腸内菌叢に変化したことが確認されており、長友選手のコンディションと実際の腸内細菌が密接につながっていることが伺えました。
 
 長友選手ご自身の実感として、「ビフィズス菌トレを毎日しっかりやって、継続することで自分のコンディションがどんどん上がっていった」、「寝れない日々でもおなかの状態が安定していて、コンディションも安定していた」、「リカバリーのスピードも変わったなという感じ」、「(ビフィズス菌は)僕の救世主です」、「右肩上がりに良くなっている(コンディションもサッカーのパフォーマンスも)」、「2022年のカタールワールドカップを目指す上で最後のピースだと思っていたので、また自信が大きくなりました」といったコメントが挙がりました。
また、1年間「ビフィズス菌トレ」に取組んでみた感想として、「腸内フローラも継続が全てと感じた」、「全く負担ではなかった」、「助けられました。このサポートに感謝します」と話してくれました。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。