プレスリリース

【47都道府県1万人超対象 全国一斉 「大腸環境(※1)」 実態調査】 第3弾『ライバル篇』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

森永乳業は50年以上にわたるビフィズス菌の研究において得た知見や成果を、人々の健康にお役立ていただけるよう取り組んでまいりました。このたび全身の健康の要となる大腸の健康に関する意識と実態を明らかにするため、全国47都道府県の20~50代の男女11,656人を対象に「大腸環境」の実態を調査し、その結果を2020年9月に発表いたしました。
今回は、「大腸環境」実態調査から、何かと比較されがちな「東京都と大阪府」「北海道と沖縄県」「鳥取県と島根県」に絞り、改めて分析した結果をご報告いたします。
※1「大腸環境」とは…おなかの中でも特に大腸の健康状態のことを指しています。

<調査結果>
【東西二大都市比較:東京都VS大阪府】
①大阪府民は健康意識を絶賛改革中⁉
「大阪府」の男性は、「大腸の健康のために行っていること」5項目で「東京都」の男性に6.5ポイント以上の差!
②日本の二大都市、「東京都」と「大阪府」では働き方に大きな差が⁉

【南北比較:北海道VS沖縄県】
①快便偏差値は拮抗していても、「北海道」と「沖縄県」で「大腸の不調を感じた時に感じる他の不調」に差!
 北海道民は沖縄県民よりも6.8ポイントも「全身の不調」を感じている!
②「沖縄県」は、「朝食を食べる割合」全国ワースト1位
 「北海道」は、「1日当たりの水を飲む量」全国ワースト2位
 両県ともに、生活習慣を改善すればさらに快便偏差値が良くなるかも⁉

【お隣県比較:鳥取県VS島根県】
①8年連続長寿県(※2)トップは伊達じゃない、「大腸環境」は「島根県」が7勝で勝利!
②お隣同士なのに働き方には大きな差があった!
 ※2「長寿県」とは…ここでは100歳超の高齢者が多い県のことを指しています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。