プレスリリース

【47都道府県1万人超対象 全国一斉 「大腸環境(※1)」 実態調査】 第4弾『近畿地方篇』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

森永乳業は50年以上にわたるビフィズス菌の研究において得た知見や成果を、人々の健康にお役立ていただけるよう取り組んでまいりました。このたび全身の健康の要となる大腸の健康に関する意識と実態を明らかにするため、全国47都道府県の20~50代の男女11,656人を対象に「大腸環境」の実態を調査し、その結果を2020年9月に発表いたしました。
今回は、「大腸環境」実態調査から、近畿地方の2府4県にフォーカスして分析した結果をご報告いたします。
 ※1「大腸環境」とは…おなかの中でも特に大腸の健康状態のことを指しています。

<調査結果>
①近畿地方の「大腸環境」の状態は全国平均並み
 ただし、近畿地方女性の「便秘」の割合は、全国女性平均よりも5.4ポイント高

②近畿地方は便・オナラのニオイが特に優秀!
 便のニオイ少ない2位、オナラのニオイ少ない1位

③快便偏差値69.3 近畿ナンバーワン快便県は「大阪府」

④大阪府女性の大腸環境への健康意識の高さが明らかに!
 大腸の健康のために行っていること4項目で、全国女性平均を5.8ポイント以上上回るスコア!

⑤「大腸環境」の乱れは全身の健康状態にも悪影響!
 排便状態の指標「便のニオイ」「残便感」 近畿ワースト1位「奈良県」
 さらに、全身の健康「風邪ひきにくいランキング」も近畿ワースト1位



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。