プレスリリース

ビフィズス菌がラクチュロースを利用する仕組みを解明 ―ビフィズス菌の増殖作用の予測への活用も― ~科学雑誌『Communications Biology』掲載~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 森永乳業では、長年にわたりヒト腸内にすんでいるビフィズス菌の基礎研究を行っております。このたび、京都大学の片山研究室および昭和女子大学の飯野研究室との共同研究により、腸内のビフィズス菌を増殖させるオリゴ糖の一種であるラクチュロース※1に関して、以下の3点が明らかとなりましたので報告いたします。

①ビフィズス菌の持っている基質結合タンパク質※2LT-SBP※3がラクチュロースの利用に関与していることを特定した。
②394名中353名(89%)の日本人腸内細菌叢から、LT-SBP遺伝子が検出された。
③腸内細菌の有するLT-SBP遺伝子量の違いが、ラクチュロース摂取によるビフィズス菌増殖作用に影響することが判明した。

 本研究成果から、多くの日本人はラクチュロースを利用できるビフィズス菌を腸内に保有していること、腸内細菌を事前に解析することで、ある程度ビフィズス菌の増殖作用の予測が可能であることが示唆されました。なお、本研究成果※4は、科学雑誌「Communications Biology」に 2021年5月10日に掲載されました。



 今回、ビフィズス菌がラクチュロースを利用する仕組みが解明され、ラクチュロースによるビフィズス菌の増殖作用に個人差が生じる理由の一端を明らかになりました。今後、さらに研究が発展し、各個人の腸内細菌叢に適したプレバイオティクス素材を事前に予測し、選択できることが期待されます。今後も森永乳業では、人々の健康に貢献できる正しい情報と優れた素材を発信できるよう、努めてまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。