森永乳業プレスリリース

経済産業省及び金融庁をオブザーバーとする「人的資本経営コンソーシアム」に参画決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

森永乳業株式会社(本社:東京都港区、社長:大貫陽一)は、経済産業省及び金融庁をオブザーバーとし、8月25日に設立された、人的資本経営の実践に関する先進事例の共有、企業間協力に向けた議論、効果的な情報開示の検討を行う「人的資本経営コンソーシアム」(https://www.meti.go.jp/press/2022/07/20220725003/20220725003.html)に参画いたします。

森永乳業は、コーポレートスローガン「かがやく“笑顔”のために」のもと、今年度よりサステナビリティ中長期計画2030を推進しています。このたびの「人的資本経営コンソーシアム」への参画を一助とし、人的資本への一層の投資や適切な情報開示により、新たな価値の創造と持続的な成長を目指してまいります。

◆森永乳業ウェブサイト ~森永乳業のサステナビリティ~
https://www.morinagamilk.co.jp/sustainability/

■森永乳業グループのサステナビリティ経営 理念-活動体系図
私たちは、あらゆるステークホルダーのかがやく“笑顔”のために、基盤となるコーポレートガバナンスをはじめ、「食と健康」「資源と環境」「人と社会」という3つのテーマを軸に活動を行い、サステナビリティビジョンの実現を目指します。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る