プレスリリース

腸内細菌に関する初の(※1)日本人の網羅的ゲノム解析 遺伝要因が腸内細菌に影響を与えることを確認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 森永乳業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮原 道夫、以下森永乳業)と株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功)の子会社でヘルスケア事業を展開する株式会社DeNAライフサイエンス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:米山 拡志、代表取締役医師:三宅 邦明、以下DeNAライフサイエンス)は、東京大学医科学研究所 附属ヒトゲノム解析センター(所在地:東京都港区、センター長:井元 清哉)と、2016年から共同研究を実施しています。今回、初めて日本人の腸内細菌に対する網羅的なヒトゲノム解析を行い、遺伝要因の影響を確認しました。日本人の腸内細菌は、お酒の強さや単一遺伝子疾患のような、特定の遺伝子が大きく影響しているのではなく、ゲノム全体の複数の遺伝子多型(※2)が影響することが明らかになりました。
 本研究の成果は、2020年11月18日に英国科学誌『Communications Biology』にオンライン掲載されました。(URL: https://doi.org/10.1038/s42003-020-01416-z) 。


 森永乳業、DeNAライフサイエンス、東京大学医科学研究所 附属ヒトゲノム解析センターは、共同研究を含め、様々な観点から腸内細菌や遺伝要因に関する基礎研究を継続し、エビデンスを積み重ねることで、人々の健康維持と笑顔のあふれる豊かな社会の実現に向けた新しく正確な情報を発信できるよう努めてまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。