プレスリリース

黄色ブドウ球菌由来膜小胞が誘導する炎症・アレルギー反応に対する 微酸性電解水の作用 ~日本食品科学工学会 第68回大会にて発表~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この度、森永乳業株式会社 (以下、森永乳業 代表取締役社長:大貫陽一) は、静岡県公立大学法人静岡県立大学 食品栄養科学部 (食品衛生学研究室 増田修一教授、島村裕子助教) との共同研究により、黄色ブドウ球菌由来膜小胞が誘導する炎症・アレルギー反応を微酸性電解水 (次亜塩素酸水) が抑制することを明らかにしました。この研究成果を、日本食品科学工学会 第68回大会 (8月26日~28日・オンライン開催) にて発表しました。

森永乳業は、2019年10月に、多くの人々の働く環境、それぞれの生活、そして健康を継続的に安全・清潔に維持できる社会の実現を目指す取り組みの一環として、微酸性電解水 (次亜塩素酸水) を活用し、「水」「衛生」「安全」「健康」「環境」等に関わる社会の様々な課題を解決する研究テーマを広く公募しました。
この度、発表する静岡県立大学の当該研究を進めるにあたり、森永乳業より研究費の補助と、当社開発の電解水を提供させていただきました。

本研究の知見は、黄色ブドウ球菌由来MVsを標的とした新しい制御メカニズムによるアトピー性皮膚炎の抑制法の開発につながることが期待されます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。