プレスリリース

LGBTに関する取り組み指標 「PRIDE指標」にて最高位「ゴールド」を受賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

森永乳業は、任意団体「work with Pride(※1)」が策定する、LGBTに関する企業の取り組みに対する評価指標「PRIDE指標」にて最高評価「ゴールド」を受賞し、11月11日(水)にオンラインで行われた「work with Pride 2020」にて表彰されました。
※ 企業などの団体において、性的マイノリティに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体



●「PRIDE指標」とは
“Policy”(行動宣言)、“Representation”(当事者コミュニティ)、“Inspiration”(啓発活動)、“Development”(人事制度、プログラム)、“Engagement/Empowerment”(社会貢献/渉外活動)の5つの項目でLGBTへの施策を評価するもので、総合的に「ゴールド」、「シルバー」、「ブロンズ」の3段階で表彰されます。

●森永乳業のLGBTに関する主な取り組み
・社内相談窓口の設置
 (性自認や性的指向に関する相談・性別を変えて働き続けたいという相談・カミングアウトに関する相談 など)
・LGBTに関する学習会(全国事業所へオンライン発信)や、他食品企業と合同でLGBT講演会の開催
・LGBT人財を雇用する際のポイントや、カミングアウトされた際の対応などを定めた「LGBT人財の雇用に関するガイドライン」の策定・周知
・LGBTやダイバーシティ理解促進のためのe-ラーニングプログラムについて、マネジメント職の受講必須化
・自認する性に基づく通称名の使用を承認
・就職時のエントリーシート「性別欄」に「その他」項目の追加、社内人材管理ツールの性別非公開設定

 森永乳業では、2018年を「ダイバーシティ元年」として、当社におけるダイバーシティ&インクルージョンの目的や優先施策を整理し、全社員に啓発する活動を行ってきました。
 今後も、ダイバーシティ&インクルージョンを推進し、人権に配慮したダイバーシティ経営を実践してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。